テキスト

家電を買うなら年末年始どっちが安い?値引き交渉のコツや買い時は?

冷蔵庫、洗濯機、パソコン・・・。

家電は今や、みなさんの生活に欠かせない存在ですよね!

しかし安いものではないので、いつでも買えるものではありません。

家電を買う狙い目としては年末年始と言われますが、実際のところどっちが安いのでしょうか?

今回は「家電を買うなら年末年始どっちが安い?値引き交渉のコツや買い時は?」と題して詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

家電を買うなら年末年始どっちが安い?

「家電を買うなら年末年始がいい」ということはよく聞きますが、結局のところどっちが安いのでしょうか?

年末年始に家電を買いたいと考えている方は、是非参考にしてみてください!

年末なら12月30・31日

年末に家電を買うなら、12月30・31日がおすすめです。

12月25日までは、ボーナスでの買い物やクリスマスプレゼントの購入、25日以降は、大掃除に必要な道具の購入などへの需要が高まり、多くの人が家電量販店に訪れます。

そのため店員は忙しく、値引き交渉に対応する余裕がありません。

逆に12月30・31日には、家電量販店に訪れる人も少なくなり、店員も時間に余裕ができます。

よってこの時期であれば、値引き交渉にもゆっくりと対応してもらえる可能性が高いです。

ただし人気商品は、12月30・31日までに売り切れてしまうケースが多いので、どうしても人気商品が欲しいという方は、年末まで待たず、早めに買うことをおすすめします。

年始なら初売り

家電を年始に買いたいと考えている方、特に機種にこだわらない方は、初売りセールでの購入がおすすめです。

この時期は、年末セールの在庫処理の目的で、旧製品の値段が安くなっていることがあります。

ただし配送業者が年末年始の休みに入っていることが多いため、大型家電を買う際には、商品の到着が遅くなることに注意してください。

 

家電を安く買うための値引き交渉のコツ!

家電を安く買うには値引き交渉が欠かせません。

でも、なかなかできないという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな値引き交渉をスムーズに進めるために、6つのコツをお教えします!

値引き交渉のコツ①「今日買う」意思を伝える

家電の値引き交渉においては、まず「今日買う」意思を伝えることが大切です。

当然ですが、店側はできるだけお客様に家電を買っていただきたいと思っています。

そのため、買う意思があるお客様にはより親身に要望を聞きたくなるのです。

また「○○円なら買います」といったように予算も伝えると、値引き交渉しやすくなりますよ。

値引き交渉のコツ②ポイント還元を狙う

現在多くの家電量販店では、ポイント還元サービスを行っています。

お客さんにメリットがあるのはもちろんですが、店側にとってもポイントを付与することで、お客様の次の来店を期待することができます。

このポイント還元は支払い方法によって変動する場合もあるので、どの支払い方法が一番ポイント還元が大きいのか聞いてみても良いでしょう。

現金での値引きよりも、ポイント還元による値引きの方が大きくなるということも起こり得ます。

値引き交渉のコツ③まとめ買いをする

「まとめ買い」をする、つまり、複数の家電を同時に買うことで、値引き交渉がしやすくなるケースはよくあります。

複数の家電の購入を検討している場合は、店員に「まとめ買いをしたいのですが・・・」と伝えてみましょう。

各店舗で対応は様々ですが、担当者が案内してくれたり、買いたい商品を記入する用紙を渡してくれたりと、まとめ買いのサポートをしてもらうことができます。

また家電量販店では、1人の販売員が売り場の近い複数の商品を担当していることが多いです。

そのため「パソコンとプリンター」など、売り場の近い家電をまとめ買いすると、より値引き交渉がしやすくなります。

値引き交渉のコツ④リーダーや部門長に相談する

家電の値引き交渉をする際、リーダーや部門長に相談するのもおすすめです。

多くの家電量販店では、リーダーや部門長が値引率を決定しています。

そのためリーダーや部門長に相談した方が、よりスムーズに値引き交渉を進めることができます。

役職はネームプレートに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

また、行きつけの店をつくっておくと、よりリーダーや部門長を呼びやすくなります。

値引き交渉のコツ⑤ポイントカードなどの入会・契約をする

家電量販店の一部では、家電量販店ブランドのクレジットカードに入会・契約することができます。

このクレジットカードを使って家電を買うことで、ポイント還元率が上がるのです。

しかし入会・契約には会員費が発生することがほとんどであり、元を取れないケースもあるため、単に「家電を安く買いたい」と考えている方にはおすすめしません。

逆に、『保証が欲しい』など、他に入会・契約する理由がある方にはおすすめです。

値引き交渉のコツ⑥チラシやタイムセールをチェックする

お得に家電を買うには、各家電量販店のチラシやタイムセールをチェックすることもおすすめです。

チラシには期間限定の特別価格情報などが掲載されているので、欲しい家電が値引きされていないか、確認してみましょう。

最近ではスマホアプリからチラシを見ることもできるので、活用すると良いでしょう。

家電が1番安い買い時は新製品が出る直前!

多くの家電は、年末セールに向けて、毎年10月頃に新製品が発売されます。

ただし、このような新製品はほとんど割引されません。

お得に買うのにおすすめなのは、新製品が出る直前の9月です。

この時期は型落ちシーズンとも言われ、前年に発売された製品家電を、型落ち製品として安く買うことができます。

最新の家電を買いたいというこだわりがなければ、9月に買うことをおすすめします。

型落ちシーズンを逃したら2月の決算期に

9月の型落ちシーズンの次に家電を買うのにおすすめなのは、決算期の2月です。

決算期とは、その年度の収支を計上する時期です。

したがってこの時期、店側としては在庫を処分し、売上を上げようとします。

そのため多くの家電量販店では、「決算セール」という形で、家電を安く買うことができるのです。

9月を逃したら、2月の決算セールを狙いましょう。

家電ごとの買い時一覧

実は、家電製品の買い時(型落ちシーズン)は家電の種類によっても異なり、毎年同じ時期のサイクルになっていることが多いです。

型落ちシーズンは、旧製品を安く買うことができます。

特に洗濯機や冷蔵庫などの白物家電は、基本性能が新製品とほとんど同じなので、おすすめです。

ただしパソコンなどは、新製品がフルモデルチェンジされていて、新製品と旧製品の性能の差が大きい場合もあるので注意してください。

以下に主な家電製品の買い時(型落ちシーズン)をまとめておきますので、参考にしてみてください!

家電製品買い時
縦型洗濯機6月~7月
ドラム式洗濯機8月~9月
掃除機8~9月
テレビ3~5月/8~11月
パソコン3~4月/9月/12月
冷蔵庫8~9月
電子レンジ7~9月
トースター12月末~1月上旬
エアコン10~11月

家電を買うなら年末年始どっちが安い?値引き交渉のコツや買い時は?まとめ

今回は、「家電を買うなら年末年始どっちが安い?値引き交渉のコツや買い時は?」と題してお話ししました!

年末年始に家電を買うのであれば12月30・31日、または初売りセールがおすすめです。

ただし人気商品が売り切れていたり、配送が遅れたりする可能性があるので注意しましょう。

また、型落ちシーズンの9月、決算期の2月にも、お得に家電を安く買うことができます。

これらの時期を狙い、さらに値下げ交渉・ポイントカードなどを駆使して、お得にお買い物を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました