テキスト

寒中見舞いのはがきはコンビニで売ってる?種類や出す時期も

この記事はプロモーション広告を利用しています。

kanchumimai-shop暮らし

【寒中見舞いのはがき】をコンビニで買えたら便利だな・・と思う方も多いのではないでしょうか?

自宅から郵便局が遠い方や、今すぐに必要な方のために!!

今回は、寒中見舞いのはがきはコンビニで売ってる?種類や出す時期について調査しました。

寒中見舞いを出すときの時期や、胡蝶蘭の絵柄について、寒中見舞いを出すときのマナーについても紹介していますので豆知識としても参考にしてみてください♪



スポンサーリンク

寒中見舞いのはがきはコンビニで売ってる?

実は、寒中見舞いのはがきはコンビニでは取り扱いがありません。
官製はがきを案内されることがほとんどです。

コンビニで官製はがき(普通のはがき)を購入して、そのままコンビニで自分で印刷することはできます!

※セブンのマルチコピー機で印刷できます★

寒中見舞いのはがきはどこで売ってる?

寒中見舞いのはがきが売っている場所はこちらです★

・郵便局 ※一枚から購入できます
・文房具店
・雑貨屋(ロフトやハンズなど)
・100均
・Amazonや楽天

 

やはり一番安心なのは、郵便局ですよね!一枚63円で販売されています!
郵便局で印刷のサービスもあります!

 

引用:郵便局 公式ホームページ

翌営業日出荷☆喪中・年賀状印刷はネットスクウェアで

寒中見舞いのはがきの種類は?

胡蝶蘭のはがきは、寒中見舞いや喪中はがきでよく利用されています
相手に落ち着いた印象を与えるため、よくみかけます。

通常販売されているはがきは、「ヤマユリ」や「ヤマザクラ」が切手部にデザインされていますが、寒中見舞いでも使用して問題ありません。

「ヤマユリ」は通常はがきのみ。

「山桜」は、綺麗に印刷ができる加工を施したインクジェットはがきのみ。

「胡蝶蘭」は、通常はがきとインクジェットはがき両方用意されています。

寒中見舞いは必ず胡蝶蘭の絵柄を使わなければならない!というわけではありません。

寒中見舞いのはがきはいつ出せばいい?

「寒中見舞い」は寒さが厳しい1~2月に相手を気遣うためのはがきです。

1月7日から2月3日までに出すのがマナーとなります。
※2月4日を過ぎると「余寒見舞い」となり、「残暑見舞い」と同じになります。

【残暑見舞いを使うときのタイミング】

・喪中はがきの返事を出す場合
・年賀状を出し忘れたとき
・喪中にいただいた年賀状の返信
・喪中の相手に年賀状を出した時のお詫び

寒中見舞いのはがきはコンビニで売ってる?種類や出す時期まとめ

今回は、寒中見舞いのはがきはコンビニで売ってる?種類や出す時期について調査しました。

結果、コンビニでは寒中はがきは販売されていません!
郵便局や文房具店などで購入するか、セブンなどで自分で印刷するという方法になります!
また、寒中見舞いを出す時期は1月7日から2月3日までに出すのがマナーとなります。
年賀状の返事を出し忘れた時や、喪中はがきの返事で利用数場合が多いのではないかと思いますが、
必要枚数などに応じて購入場所を選択してみてくださいね★


スポンサーリンク
暮らし

フォローする
TrendBell