テキスト

関門海峡花火大会2023の穴場スポット打ち上げ場所を徹底解説!

この記事はプロモーション広告を利用しています。

kanmonkaikyo-hanabi-anabaイベント

関門海峡花火大会は、山口県下関市と福岡県北九州市門司区の両岸から打ち上げられる、西日本最大級の花火大会で毎年8月13日に開催されています。

約15,000発の花火が海峡上空を彩り、海と空からの祝福を感じることができるこの花火大会は、多くの人々に愛されています。

しかし、人気が高いだけに、見物する場所を確保するのはなかなか大変です。

そこで、今回は関門海峡花火大会を快適に楽しむための穴場スポットをご紹介します。

どれも素晴らしい眺めが楽しめる場所ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

\モバイル予約なら最大50%オフ!/


旅行と観光をセットで旅がおすすめ▼

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2023打ち上げ場所は?

門海峡花火大会の打ち上げ場所は、山口県下関市と福岡県北九州市門司区の関門海峡の両岸です。

下関側の打ち上げ場所

  • あるかぽーと地区
  • 22号岸壁周辺

 

門司側の打ち上げ場所

  • 西海岸埋立地

関門海峡花火大会2023の穴場スポットを紹介!

関門海峡花火大会は、毎年、下関側と門司側で合わせて約100万人もの人出があるそうです。

そんな人気の花火大会の中の楽しめる穴場スポットをご紹介します!

厳流島

関門海峡の中央にある小さな島で、花火の真下から見ることができます。

ただし、船でしか行けないので、事前に予約が必要です。→http://www.kanmon-kisen.co.jp/route/ganryujima.html

火の山公園

下関市の高台にある公園で、関門橋を背景に花火を見ることができます。

ただし、夜間は照明が少ないので注意が必要です。

彦島南公園

彦島の南端にある公園で、下関側と門司側の両方の花火を見渡すことができます。

ただし、交通アクセスが不便なので車で行くことをおすすめします。

ノーフォーク広場

門司港レトロ地区にある広場で、門司側の花火を見ることができます。

周辺には飲食店や観光施設も多いので、花火以外にも楽しむことができます。

▼関門海峡あたりの観光はいろいろあります!詳しくは「楽天たびノート」でチェックしてみてくださいね!→https://a.r10.to/hNEECe

▼ゆっくりとホテルから花火を鑑賞したい方はこちらも参考にしてみてくださいね!→関門海峡花火大会2023!見えるホテルはどこ?鑑賞できるおすすめ7選

全国旅行支援の旅行サイト

旅行予約サイトの全国旅行支援に関する最新情報が掲載されているページをまとめていますので、下記のリンクから飛んでみてくださいね。

関門海峡花火大会2023の穴場スポット打ち上げ場所を徹底解説!まとめ

今回は「関門海峡花火大会2023の穴場スポット打ち上げ場所を徹底解説!」と題してお話ししました。

穴場スポットを4か所ご紹介しましたが、また見つけましたら追記していきますのでお待ちくださいね!

\花火大会はやっぱり最新のトレンド浴衣がおすすめ!/

オトナ可愛い浴衣専門店! – Dita

スポンサーリンク
イベント

フォローする
TrendBell